丸刈り坊主は長さが大事、どうやって決める?

丸刈り坊主のメリットが良く分っても、ザックリと刈っちゃいましょうって言われると、やっぱり似合うかどうか不安ですよね?

そんな方のために、貴方に似合う長さの決め方を伝授しておきます。

丸刈り坊主が似合うかどうかは、ズバリ長さ決めにあります。

って言っても、違いってそれしかないです(汗;)

以下を参考にして、今度こそザックリと刈っちゃってください!!

 

顔つきから考える

丸刈り坊主にすると、その人が本来持っている顔の作りの印象が前面に出ますよ。

全体の骨格だったり、目・鼻・口の大きさ、眉毛の形から自分をよく観察してみましょう。

厳つい印象を与えてしまう人は、短い長さにすると更に厳つい感じを与えてしまいます。

逆にソフトな顔つきの人は、短い長さでも厳つい感じはしません。

貴方は、相手にどんな印象を与えたいのでしょうか?

 



 

髪の量から考える

髪の生え際が後退している場合など髪が長い時は隠していた人は、丸刈り坊主にすると生え際をさらすことになります。

こんな人は、長めの丸刈り坊主にすると、更に生え際が強調されてしまいます。

逆に短くしていると、本人は不安でも、相手からは思いのほか生え際の後退が気になりません。

思い切りましょう!!

 

白髪の量から考える

短い場合、長い場合、それぞれ一長一短があります。

長いと白髪が目立つし、短いと白髪の集中しているところが髪が無いように見えるんです。

さぁ、あなたはどっちを選びますか?

 

頭髪の生え方から考える

これは、年齢から考えた方が良いかもしれません。

若い時は、髪の毛の量が多く密度が高いです。

したがって、多少短くしても、地肌が気になりません。

ところが、歳をとってくると髪の毛の量が減り、短いほど地肌が目立つようになります。

丸刈り坊主にしたばかりの時は特に頭皮が白いですから、地肌が見えると寒々しいです。

日焼け対策をするか、ちょっと長めがお勧めです。

 

髭とのアレンジで考える

髭を生やすと随分と印象が変わるものですが、丸刈り坊主の場合は、更にその印象が強くなります。

まぁ、髭の形にもよるんですが、結構遊べるんです。

髭がないとただの丸刈り坊主のおじさん。

髭を生やすとちょい悪オヤジに変身できます。

但し、ただの無精ひげはNG!!

あくまでも、オシャレにカットしてくださいね。

 

眼鏡との相性で考える

眼鏡をかけることで、顔の顔の第一印象が丸刈り坊主ではなく眼鏡に集中します。

丸刈り坊主の印象をカモフラージュできるんです。

ボストンやウエリントンは優しい感じを与えますし、丸いラウンドタイプはクラシカルでコミカルな印象を与えます。

ですから、眼鏡の印象を重視しましょう。

眼鏡が印象を決めると言っても過言ではありません。

 

まとめ

丸刈り坊主には、そもそも定番のイメージがありますよね。

ですから、そのイメージをどう生かすか、どう抑えるかがポイントになります。

貴方にベストな長さ、それは貴方は相手にどんな印象を与えたいか?ってことです。

 

ちなみに60up は、5分刈り(9mm)です。

7分刈り(12mm)は、長すぎてシャープな感じをアピールできません。

3分刈り(6mm)は、地肌が見えて、なんかお坊さんっぽくなっちゃいます。

わずか3mmの違いなんですが、随分と印象は異なります。

&あごひげ生やしています。

こっちは6mmです。

丸刈り坊主とのバランス的には、上:9mm、下:6mm がベストですね。

 

一週間経つと1~2mm は直ぐ伸びちゃうので、毎週散髪をしています。

刈ったばかりよりは、5日くらい経って伸びに不揃いさが出てきた時の方が、自然な感じで気に入ってます。

まぁ、自分以外は大して気にも留めていないと思いますが。

 

さぁ、ザックリ刈っちゃってください!!