シャーデンフロイデ 中野信子(著)を図書館で借りるまでの流れ

インターネットを利用ししていると時々分からない言葉に出会います。

今回も、FX でぼろ負けしたので対策についてYouTube 動画をいろいろ情報をいたところ、こんな言葉に出会いました。

シャーデンフロイデ 

分らなかったので早速検索。

調べ見てみたところ、中野信子さんの本が読みやすく面白そうなので読んでみることにしました。

この記事で説明するのは、図書館で本を借りるまでの一連の作業の流れです。

今では、インターネット検索・予約ができるのですごく簡単・便利です。

最近では、いつもこんな風にして本を借りています。

参考にしてみてください。

※シャーロンフロイデはFX と直接の関係はありません。(汗;)

きっかけはYoutube

3月8日の「FX ど素人が3月8日の米国雇用統計発表で瞬殺されました」で書きましたが、同じように凹んだ人がいないのか調べていたところ以下の動画に出会いました。(キャプチャ画像はYouTubeから引用です)

シャーデンフロイデ、動画中でも簡単に説明していますが、要するに「メシウマ」。

自分が手を下すことなく他者が不幸、悲しみ、苦しみ、失敗に見舞われたと見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情[1]。ドイツ語で「他人の不幸(失敗)を喜ぶ気持ち」を意味する。日本語で言う「ざまあみろ」の感情であり、日本でのシャーデンフロイデの類義語としては「隣(他人)の不幸は鴨(蜜)の味」、同義の「メシウマ(他人の不幸で飯が美味い)」という俗語が近い物として挙げられる。

Wikiペディアより引用)

 

他人の不幸は蜜の味ってことですが、更に調べて見ると・・・

脳科学者の中野信子さんがDMM 社長とお話ししています。

中野さんであれば何か他の情報もあるのでは?

 

Google 検索

中野さん、シャーデンフロイデ本、書いているじゃありませんか!

 

Amazonに移動 / 図書館で予約

ブラウザはGoogle Chrome です。

プラグイン「その本図書館にあります」を入れているので、本を検索すると登録している図書館で借りられるか知らせてくれます。

シャーデンフロイデ本は、行きつけの図書館にはなかったのですが、市内の図書館であれば取り寄せが可能です。

早速予約ボタンを押して、貸出予約します。

図書館のページが立ち上がります。

会員登録は済ませてあるので、スムーズに予約できます。

一緒に他の本も予約しちゃいました。

 

予約受付終了の確認メール

 

貸出準備完了メール

一緒に予約した本の連絡が来ました。

シャーロンフロイデ本は、まだのようです。

 

まとめ

以上の流れで、気になった時に直ぐ日本の予約ができます。

後は図書館に取りに行くだけです。

Google Chrome のプラグイン「その本、図書館にあります」のお陰です。

作ってくれた作者さんに感謝です。

シニア的節約術:その本、図書館にあります。

 

FX でぼろ負けしたお話しは以下の記事。

FX ど素人が3月8日の米国雇用統計発表で瞬殺されました