FX ど素人が3月8日の米国雇用統計発表で瞬殺されました

FX を甘く見ているとひどい目に合うとあちこちに書いてある。

そうだろうなと思う。

気をつけなきゃなと思う。

でもそれって、思うだけだ。

体験しないと本当の怖さって分からない。

 

米国雇用統計発表直後に瞬殺されました

 

その時の円ドルのチャートを見て下さい。

22:30 一瞬にしてドルが急落しました。

FX ど素人は、17:30 に111円08銭でエントリーしていました。

それまではダラダラ円安方向にチャートは動き、1000円ほどのプラスが出ていました。

それなのに何を血迷ったか色々とネットの情報を漁るうちに「今日の取引は円安で終わる」と言う情報を「雇用統計発表直後に円安に振れる」と勘違いしてしまっていました。

要するにど素人の助平根性が働いたのです。

この情報自体は間違っておらず、最終的にこの日の取引は円安で終わっている。

どんどんとドル安になり、含み益が減りマイナスになっているにもかかわらずドル高を待ち続けていました。

22:30 を待っていました。

その時を待っていました。

 

一挙に大儲けだ!!

そう思っていました。

 

ところが、直後に瞬殺されました。

 

大馬鹿も甚だしいです!!

無知とは本当に怖いです。

 

馬鹿の一つ覚えの損切を設定していました。

一瞬にして約定してマイナスどっかーん 2,000円也。

 

もっと多くの資金でエントリーしていたらと思うとゾッとしました。

馬鹿さ加減に呆れました。

大馬鹿も甚だしいです!!

これだから、ど素人は本当に怖いです!!

雇用統計のアラートはDMM FX でもちゃんと告知してありましたが、全く読んでいませんでした。

FX の超入門書にも書かれていました。

 

 

FX はギャンブルでなく投資です

FX をギャンブルでなく投資として考えなさいとは、どの入門書を見ても書いてあります。

ところが、始めてみると完全にギャンブル脳になってしまっていました。

短期で一攫千金、そういうマインドが一番怖いとも書いてあります。

ところが、ど素人は実際に取引してみるとできません。

FX 初日に700円勝っちゃったからなぁ~

 

しばらくは勝つことより、損しないノウハウを溜めたいと思いました。

知識を増やすのも大事ですが、メンタル鍛える方はもっと大事だと思いました。