年金受給年齢が70歳に引き上げられるとどんなことが起こるか?

安倍内閣の目玉である社会保障改革で、年金受給年齢が引き上げられるのは確実だろう。

今の65歳は、一気に70歳辺りに引き上げられそうな気配だ。

もしそうなったら、私たちには一体どんなことが起きるのだろう。

想像力を働かせて事前に対策を考えて億のが大事である。

在職老齢年金の受給期間が変わる。

特別支給の老齢年金と言ったり、在職老齢年金と言ったり、ホント面倒くさいんだけど、現行制度であれば60歳から65歳の間で支給される年金のことである。

そもそも現行制度での年金受給期間は65歳である。

それが、どうして65歳なのかと言えば、60歳から受け取るつもりで生活設計していた人たちに対する救済策である。

この在職老齢年金(働きながら年金を受けとる特別支給の老齢年金)の受給期間が、おそらく65歳から70歳までの間に設定されるだろう。

既に国も対策を進めていて、会社員や公務員の退職年齢の引き上げを指導している。

先ずは、法律で現行60歳の定年は65歳に引き上げられる。

それに合わせて、年金の受給年齢も引き上げられるだろう。

在職老齢年金が廃止されるかもしれない

受給期間の変更どころか、在職老齢年金制度を廃止を考えている人がいる。

自民党の厚生労働部会長を務める小泉進次郎である。

在職老齢年金は、所得の調整が起きることから、働くことを躊躇させている。

更に年金繰下げ受給の対象にもならない。

定年退職後は、医療・介護や税制が色々に絡み合っていてなかなか一筋縄ではいかないのであるが、要するにお役人目線で在職老齢年金制度を見れば極めて中途半端な制度であると言うことだ。

特別支給の老齢厚生年金、繰り下げ受給できません!!

繰上げ・繰下げ受給年齢が引き上げられるから長生きしないと損

年金受給年齢が5歳引き上げられるんだから、繰上げ・繰下げの年齢も引き上げられるだろう。

現在の60歳から70歳までの年金受給選択年齢は、65歳から75歳に引き上げられるだろう。

現在、70歳まで繰り下げた場合、82歳まで生きなくては納付額と受給額の帳尻が合わない。

これが87歳まで生きていなくてはならない勘定だ。

年金の繰下げ受給は良いことばかりじゃありません。ちゃんと調べておかないと馬鹿を見ますよ!!

 

たくさん働きたくさん納税しなくてはならない。

受給期間が繰り下げられるのだから当然である。

我々は、在職期間が5年長くなるので今より5年間分多く納税する義務が生じる。

65歳を定年としたら、そこから最低もう5年は働く必要がある。

その時に、給与がどうなるか分らないけど、手取り額に影響する負担は大きくなるだろう。

現在でも定年再雇用・再就職では給与額がガクッと低下しているけど、それが60歳、65歳、70歳とどんどん下がっていく可能性もある。

会社員は年金をもらいながら厚生年金保険料を払う?

加給年金の受給基準が変わるかもしれない。

現在世帯主が65歳になるまで支給される加給年金は、受給年齢の引き上げで70歳になるのが自然だと思われる。

しかし、共働きが当たり前の生活スタイルになって来ている今、本当に継続されていくのか疑問である。

これまで通り受給できると考えていると痛い目に合うかもしれない。

加給年金とは何か?わかりやすく説明します。

日本人の年金による老後生活の考え方は根本的に変わるかもしれない

2年ほど前に、日本老年医学会が高齢者の定義を65歳以上から75歳以上に見直すことを提言したことを覚えているだろうか。

一体、この提言が何のために唐突に出されたのか分らないが、厚労省に対する忖度であることは間違いない。

人生100年に向けて、年金なんてあてにしないで働けるうちは働きましょうと言うプロパガンダなのだろうが、もしかしたら、この提言に逆切れして奮起する人が増えるかもしれない。

 

既に20代は、年金なんて貰えないと諦めている。

僕も、年金受給額を増やすために生活保護ギリギリの生活レベルまで調整するなどと言う裏ワザには、嫌になってしまっている。

確かにちょっとの工夫でもらえる額が増えるなら、もらっておきたい。

生活の基盤として年金があるのは、ハッキリ言ってありがたい。

しかし、人生をチマチマ生きて行くのは嫌だ。

 

年金繰下げ受給は、貯金を切り崩してマイナス

 

多分、同じ考え方をする人も多いと思う。

人生楽しく生きる為には、ライフシフトである。

そして、ワークシフトである。

今すぐに読むべき「100年時代の人生戦略」

否が応でもそうならざるを得ない時代になっているのである。

と言うことで、最後はポジティブになるのである。