今年の国会では、『68才受給開始』か、もしくは『70才受給開始』が提案される。

今年の国会では、『68才受給開始』か、もしくは『70才受給開始』が提案される。
25年後には2割以上も減る。現在の標準世帯の受給額が月額22万1000円なので、物価が変わらなければ、月額17万6800円まで減る。
厚生年金は、保険料の半分を会社が負担、全額が自己負担になる『国民年金』よりもお得。