リアル現実な年金300万円生活

森永卓郎さんが「年収300万円時代を生き抜く経済学」を書かれたのが2005年。

当時は驚きを持って読んだものですが、もうすぐ始まる年金生活がまぎれもなく年収300万円。

他人事じゃなかったんですね~

って言うか、まえがきを読むとシッカリと年金生活に触れていました。

当時は読み飛ばしていたなぁ~

ってことで、その年収ならぬ年金300万円時代を考えてみました。

 

夫婦の年金合計:25万円/月

厚生労働省の資料やネットの記事などから推察すると

夫婦の年金受給額はおおよそ 月額25万円、年額で300万円 になります。

 

60up の年金も、ほぼそれくらいです。

まるまる手取りになる訳じゃないけど。

 

まぁ、この金額を元に考えれば良いってことです。

 

年金受給額の年齢別の平均ってどれくらい?

 

実際の年金生活をシュミレーション

以下の条件で、老後資金のキャッシュフロー(金額は税込み)を試算してみました。

  • 60歳時の貯金は、1000万円
  • 60歳~64歳までは、仕事をして月額:25万円、年収:300万円
  • 65歳からは仕事はせず、年金月額:23万円、年収:276万円

 

生活のゆとりの為に年間:約40万円のゲタをはかせてみました。

 

  • 60歳~64歳までは、年収:340万円
  • 65歳以降は、年収:320万円

 

ところが、1000万円の貯金は79歳で底をつきます。

 

60up は、計画では95歳まで生きてることになっていますので(笑い)

80歳以降も老後資金が必要になります。

 

その額は、おおよそ800万円弱 

虎の子の金融資産:生保を取り崩すしかないです。(^^;)v

すると、こんな感じのグラフになりました。

 

 


 

老後に年収300万円生活を送るのも、メチャ大変ってことです。

なんだかんだで2000万円くらいの貯蓄がないと長生きはできないってことのようです。

 

老後の不安要素

森永氏提唱の年収:300万円を見習って、知恵と節約でなんとか暮らしていけるような気がしてきましたが・・・

但し、突発的な支出は全く考慮していません。

 

  • 不慮の事故・病気
  • 介護費用
  • 車などの出費
  • 住宅の補修

 

老後の不安は、収入の予定が立たず、支出ばかりが増える ことです。

ここさえ何とかすれば不安も消えるのですが・・・

 

 

不安をなくす方法?


 

やっぱりここにたどり着いちゃいました。

でも、その答えが

 

「1億総活躍社会」は、ヤダな~

「一生働く」も、ヤダなぁ~

 

好きなことして、好きなだけお金が入るのが良いなぁ~

 

夢のような生活に憧れるのです。(笑い)

 

ってことで

 

何とかしなきゃです!!