60歳からのキャッシュフローの現実

最近、そろそろ定年を意識し始めた後輩から

 

60up さんの世代は良いですよね

早くからちゃんと年金出るし

暫くは仕事しながら年金受給でしょ?

逃げ切りで、老後は安泰ですね

 

なぁ~んて言われたりしてます。

 

いやいや

何が逃げ切りなのか良く分んないけど

 

みんな間違ってるよ
年金だって減額されるんだよ

 

そう言うとビックリされます。

 

僕もそうでしたが

まだまだ定年退職をリアルに感じられない50代では

退職後のキャッシュフローの現実は想像できないはずです。

 

60歳までの生き方・仕事の仕方は、まさしく人それぞれです。

 

そして、それが、大きく影響するのが定年後の人生なのです。

 

ネットの情報や雑誌記事だけでは、分らないことがたくさんあります。

 

定年退職後の収入

60歳で定年退職して、何も考えず再雇用を選びました。

収入は、現役時代と比べるとかなり落ち込みます。

頭では分っていたつもりでも、現実に直面すると凹みますよ~ (^^;)

 

退職金


 

サラリーマンが人生で一番のお金持ちになる時と言えば、定年退職時でしょう。

金額は、会社、勤続年数、職位などなどで大きく変わるので、まぁ~、各人計算してみて下さい。

最近では確定拠出年金での支払いが多くなっています。

企業年金の変わりみたいなのものでしょう。

ちょっとだけ得したのかどうなのか・・・

 

僕は、何度も転職して、最終的に今の会社に入ったのが35歳の時でした。

従って、新卒に比べたら退職金はガックリ落ちます。

 

今どきは、1つの会社に定年退職まで務めるのは珍しい時代になって来ていますが、退職金をもらう時になると、何とも言えない後悔みたいなものも感じます。

今さら、仕方ないんだけど。

 

会社に対する貢献度・実績も退職金ポイントには影響しますが

当たり前ですが、勤続年数は退職金にシッカリと影響します。

 

退職金に掛かる所得税ってどれくらい?受け取り方で違う?

 

再雇用時の給与

再雇用時の給与は、定年退職前の約半分(正確には半分以下)でした。

賞与はありません。(ちょっとだけ寸志が出ます)

これだけでもかなりショックですが、更にショックなのは住民税の多さでした。

再雇用の1年目は、現役時代の住民税がそのまま徴収されます。

従って、手取り額はグッと下がってしまいます。

もう泣きっ面に蜂って感じになります。

定年退職した再雇用者の住民税が高すぎです!!

 

高年齢雇用継続給付金

再雇用時の給与が現役時代の給与と比べて、著しく低下した時には高年齢雇用継続給付金が支給されます。

60up は下げ幅MAX なので、再雇用時の給与の15%が毎月支給 されています。

 

年金受給

そろそろ年金受給になるのですが、給与所得との調整が行われて、ガッカリするような金額になりました。

先ず、65歳まで受給する年金は「在職老齢年金」と言って仕事をしながら年金をもらう制度です。

もらえるのは老齢厚生年金で基礎年金は含みません。

また、仕事をしていて収入のある人は、満額もらえません。

以下の記事を参考にしてください。

 

在職老齢年金で特別支給の老齢厚生年金も減額される!!

 

特別支給の老齢厚生年金、繰り下げ受給できません!!

 

ちなみに60up は、年金相談センターに行って今後も現在のままの給与だとしたら、いくら受給できるか概算を調べてもらいました。

 

ザックリ6割カットです。

 

「在職老齢年金」は、頑張って仕事をしている人に冷たい制度です。

 

高年齢雇用継続給付金も調整対象

今まで支給されていた「高年齢雇用継続給付金」も、年金受給の際に見直されます。

これだけでも毎月15,000円が年金支給額からカットされます。

 

結局のところ、60歳から65歳までの年金受給額は

 

受給予定額の3割程度

 

ってことになります。

 

つまり

 

世の中的には在職老齢年金の平均は 10万円 なんて言ってますが

仕事しながらの現実の受給額は 3万円 だと思っていれば間違いないです。

 

これ、全然特殊な事例じゃありません。

 

まとめ

「定年再雇用で働いていても年金を受給し始めたらゆとりができる」なんてことはありません。

 

  • 60歳からは、住民税をガッツリ取られて手取りガッカリ!!
  • 年金受給は、所得調整でカッツリ減額されてガッカリ!!

 

以上、全然特殊な事例じゃありません!!

 

おそらく大半のサラリーマンが経験するはずです。

50代のみんながうらやましく思う60歳から支給される年金なんて、まやかしも良いとこです。

受給年齢になったら、だまし討ちに合ったって感じです。

 

怒り心頭です!!


 

とは言え、ブーブー言ったところで何も変わらないんですけどね。

 

後輩に苦言&提言

社会保障改革が始まります。

 

年金68歳支給とか70歳支給とか・・・

老人の定義は70歳に変更とか・・・

 

老後資金の頼みの綱だった年金制度が変わろうとしています。

50代のみんな、騙されないようにしましょう。

68歳支給とか70歳支給とか言っても、満額もらえるとは限りません。

って言うか、これまでの年金制度から考えたら、働くほど出なくなると思った方が良いです。

かと言って、働いて資金を貯めなきゃ老後生活が不安って言う時代が、すぐそこまで来ています。

こんな社会で、どう生きて行くか・・・

いつも言ってますが、嘆いてばかりじゃなく、人生計画が大事!!

 

  • どんな人生を過ごすか?
  • その為に何をするか?

 

時代に流されないよう、早々の計画しましょう!!