年金は何歳まで生きてたら全額回収できる?!

年金をもらう年齢が近づいてくると、気になることがあります。

下世話な話ですが、絶対にあなたも思っているはずです。

 

年金保険料って、いったい今までいくら払ってきたんだろう?

いくつまで生きていれば、損しないんだろう?

 

今回は、そんな疑問をサクッと解決します。

 

厚生労働省の説明

厚生労働省の年金財政ホームページに指針になる表が公開されていました。

平成16年財政再計算によるものですが、ご覧ください。

 


 


(出典:厚生労働省年金制度における世代間の給付と負担の関係について

 

生年月日によって受給開始年齢が違うのですが、65歳からの受給として換算してあります。

平均寿命は85歳で計算されています。

保険料負担額は、「本人+会社」の総額です。

この表によれば、徴収額より給付額の方が断然多いです。

つまり、みんな得します。

 

但し1965年生まれ以降の若い人は、負担額はかなり大きいです。

でも、受給額はそれより多いのですから、損はしていませんと言う説明になるのでしょう。

しかし、20歳の保険料負担額は 5,100万円で、給付額は 1億2,000万円です。

とてもまともな計画のようには思えません。

 

僕らは、何歳まで生きてたら元が取れる?

知りたいのは、ここです。

ザックリ、雰囲気は分ったけど、リアル現実が知りたいと言うあなた。

ねんきんネットでこれまでの保険料納付総額を調べてみましょう。

 


以下の表にこれまでの累計額が表示されます。


 

地方在住、転職3回、自営も経験した僕の場合は

 

 約1650万円 でした。

 

モデルケースと比べると若干少ないような気がしますが、まぁ、仕方ないです。

 

この金額を年齢ごとに試算してみました。

62歳からは、厚生年金(在職老齢年金)のみの支給です。

65歳から満額支給です。

 


 

自分が徴収された厚生年金負担額だけで試算すると、70.5歳でトントンになります。

自分+会社の厚生年金負担額で試算すると、79.5歳でトントンになります。

ところが、ところが、もう少し考えておくことがあります。

 

試算通りに受給はできない

このとおり受け取れる人はマレだと考えておいた方が良いです。

と言うのも、働きながら年金を受け取ると受給額の調整が行われるからです。

どんな調整が行われるかと言えば

給与+年金>28万円の年金額調整

再雇用などで60歳以降も働らいている場合(多くの人が該当すると思います)、年金支給額の調整が行われます。

給与 + 年金 > 28万円 の場合、28万円を超えた金額の1/2 が減額されます。

※ 65歳からは、調整の基準金額が「給与+年金>47万円」に変更になります。

高年齢雇用継続給付額の調整

再雇用などで60歳以降も働らいている場合、高年齢雇用継続給付金が支給されます。

但し、年金受給が始まると、支給停止の計算が行われます。

こちらは、現在の高年齢雇用継続給付金の支給率に対応して、支給停止割合が決められています。

ちなみに僕の場合、60歳時と再雇用時の給与の差が61%以上あるので、最大支給停止率の6%が適用されます。

65歳以上で年金額211万円超のデメリット

65歳以上で年金収入(年金は雑所得扱い)が211万円以上の場合、住民税が課税されます。

また、211万円を境にして、社会保険料(国民健康保険税+介護保険料)でおおよそ年間10万円の差があります。

もちろん、211万円以下の方が少なく済みます。

他、自治体によっては、医療・介護などの自己負担や電車・バスなどの料金、インフルエンザの予防接種料などで恩恵が得られます。

 

年金をもらい損ねない年齢とは?

僕の場合だと

これまで徴収された保険料をシッカリ受給するためには、

 

  •  最低でも71歳まで長生きしなきゃ!!
  •  自分+会社で考えたら、80歳以上
  •  平均寿命の85歳なら、まぁ、いいかぁ~

 

って感じです。

 

人生プランに応じて受給方法を決めよう

年金受給に際しては、各人の働き方、受給金額、家族構成、住んでいる場所などなど・・・さまざま条件によって左右されることが大変多いです。

60歳以降、65歳以降、70歳以降、それぞれのタイミングで人生プランを明確にして、資金計画を立てる必要があります。

ちなみに僕は90歳まで生きる予定です!! (^o^;)v