そろそろ資本主義的価値観と決別する時のようだ

戦後資本主義の日本に生まれて約60年。

そろそろ価値観を変える時なんじゃないか?

そんな気がしている。

 

今の世の中、生きて行く為に必要なものはお金であって、食料ではない。

「生きて行けない=食えなくなってしまう」とは、「お金を失うこと」で、「食料が手に入らないこと」を直接に意味していない。

生きてい行くうえで最大の恐怖とは「お金を失うこと」であって、飢餓などではないのだ。

 

僕は、明らかに資本主義に洗脳されて生きている。

 

いざとなったら、自給自足で生きて行くなどと言う覚悟など、これっぽっちも持っていない。

未来の安心を得るがために仕事をして、お金を貯める生活。

ジタバタしながら仕事にありつこうとする、どこにでもいる定年退職再雇用者である。

 

しかし、時々いったい何のために生きているのだろうと思う。

いやいや、哲学的な命題など探し求めているのではない。

 

「生きる為=食べる為」にお金を稼いで、いったい何がしたい?
生きていたいだけなのか?

 

じゃぁ、いったい何の為に生きる?

何の目的の為に生きる?

 

全くもって不可思議な人生である。

 

定年退職後、豊かな老後の為には〇〇〇〇万円の貯蓄が必要である。

新聞、雑誌、テレビ、ネットニュース・・・あらゆるメディアが、そう言い続けている。

このブログで、僕もその手の記事を書き続けてきた。

 

定年、再雇用、年金、給付金、税金・・・このブログの大半がそんな記事だ。

 

しかし、本来であれば

 

これから先、生きて行くって、いったいどうすることなのか?

この先の人生を楽しむって、いったいどうすることなのか?

 

そんなことを考えるべきなのだ。

 

お金に縛られて生きるのではなく

いやいや、もちろんお金は大切なのだが。

 

そのお金をどう使っていくのか?

これからの時間をどう使っていくのか?

 

そんなことを語るべきなのだ。

 

将来の不安解消の為に働くことをあおり続けるのは本意ではない。

 

お金を集めて、余裕ができたら〇〇の為に使うのではなく

〇〇する為にお金を集め、使うべきなのだ。

その〇〇には、「人生を楽しむ」と入れておきたい。

 

なんだか大そうな宣言のようだが、どうってことはない。

 

御年60ウン歳にして、ようやく資本主義的価値観の呪縛に気づいただけなのである。

 

あなたも、こんな風に思ったことはないだろうか?