「働き方改革」なぜ必要なのか?考えてみた

「働き方改革」っていったいどんなことをしようとしているのか?

でも、今どうして、改革が必要なのか?

先ずは、一番ベーシックに日本の人口の将来予測から考えてみた。

 

日本の人口はどうなる?

少子高齢化で日本の人口は減っていく、減っていくって聞いている。

だけど、いったいどれくらい減っていくのか?

リアル理解するために、こんなグラフがあったので見て欲しい。

2013年に 1億2,730万人 の人口は、2048年には 9,913万人 にまで減ってしまう。

 

(出典:人口・経済・地域社会の将来像

 

次に2020年と2045年の人口構成を比べてみた。

どんどん頭でっかちになり、高齢者の割合が多くなって行く。

これだけでも、将来が不安になって来る。

 

 


(出典:国立社会保障・人口問題研究所

 

年齢別人口構成比の推移

 

じゃぁ、もうちょいリアルに、稼いでくれる人はどうなっていくのかってことだけど、以下のグラフを見て欲しい。

生産年齢人口は、年を追うごとに減ってしまっている。

現役世代が年金世代を支える今の構造じゃ、不安しか起きないよな。

 

 

(出典:国立社会保障・人口問題研究所

 

高齢化も深刻だけど、生産年齢がどんどん下がっているのは一大事だと思う。

「子供が生まれていない=国が滅んでいく」ってことだ。

「社会の仕組みが子供を作ることを阻んでいる」って言うのが国の見解で、だから今、子育て支援に躍起になっているんだよね。

グラフ見せられるとマジ焦るね。

しかも、これって、僕ら現在のシニアの問題って言うより、現在の若い人たちの老後の問題だよ。

社会保障給付費の推移

年齢階級一人当たりの医療費(平成27年度)医療保険制度区分)のグラフである。

65歳以上を見て欲しい。

医療費が急激に、しかも莫大に増えている。

ゾッとするグラフだ!!

 

(出典:平成30年版高齢社会白書(概要版)

 

人生100年時代の到来

高齢化対策

平均寿命が延びて喜ばしい限りだなのが、その実態は「コスト増」の恐怖である。

こんな例えで申し訳ないが、クラシックカーを綺麗にしておくのは、それなりの維持費が掛かるってことだ。

しかも、ほとんど動かさないとしたら・・・宝の持ち腐れ!!

きれいにして飾るより、使いまくれ!!

飾って置くんじゃなくて、メンテナンスしながら日常の足として使おう!!

って言うことである。

少子対策

最近の若いもんは、とにかく子供を作らない。

作ったとしても、一人っ子ばかりである。

生活する余裕がなくなるってことだろうけど

1+1 で1だったら、人口が増える訳がないよ。

とにかく生産人口を増やさなきゃだ。

そんなわけで次のような対策が進められている。

 

  • 移民政策
  • AI ロボット化の導入
  • 生産年齢の引き上げ(65歳から70歳へ)

ちょっと違う角度だけど

  • 女性の労働力の活用

 

一億総活躍社会・とにかく働いてもらおう!!

このままいったら、日本のGDP はどんどん減少する。

 

国力がガタ落ちになる。

 

世界の中で日本の地位がどんどん危なくなる。

とにかく生産年齢人口を増やそう。

そのためには、先ず国民に働いてもらおう!!

 

一億活躍社会だ!!

 

まっ、そういうことである。

 

  • 希望を生み出す強い経済
  • 夢をつむぐ子育て支援
  • 安心につながる社会保障

 

そのためには

国民一人一人が現実に向き合い、取り組んでくれっ!!

 

と言ってるわけで

 

これが、働き方改革が急務であるってことにつながってる理由である。

 

確かに間違っていないようである。

 

しかし、働き方改革と言い、社会保障改革と言い

改革と言いながら、負担ばかり増えているように思える。

 

改革ってポジティブなものだと思ってるんだけど

 

なんかなぁ~

 

って感じである。