夜に爪を切ると親の死に目に会えないって、どうして?!

皆さんは、子供の頃に注意されたことはありませんでしたか?

夜に爪を切ると親の死に目に会えないよって。

 

でも、大人になるにつれて

爪を切る時間までいちいち構っちゃいられないよ

夜じゃないとゆっくりした時間なんてないし

湯上りだと爪が柔らかくなっていて切りやすいんだ

 

そう言って、夜に爪を切るタブーは忘れてしまってたんですが。

どうして昔の人は「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」なんて言ったんでしょ?

ず~っと疑問だったので調べてみたところ、意外にも多くの理由が見つかりましたので、一般教養、礼儀作法として共有したいと思います。

ご一緒にご覧ください。

戦国時代の「世詰め」から来ている

「世詰め」とは、戦国時代による城を警備する人のことを言います。

戦国時代においては大変重要な任務で、たとえ親が亡くなってもその場から離れることはできませんでした。

この「世詰め」と夜に爪を切る「夜爪」が語呂合わせとして認識されるようになり、「夜に爪を切ると親の死に目にも会えない」と言われるようになったと言う説。

「世詰め」の解釈から来ている

「世詰め」の任務に当たっている状況とは別に、「世詰め」とは「世を抓める(つめる)」ことで、自分の命を短くしてしまうと考えられていたと言う説です。

つまり長生きできず、自分の親の死に目にも会うことができないと考えられていたのです。

昔の「慣わし」から来ている

自分の身近な人が亡くなった時、思い出の品物などを一緒に入れる習わしがありますよね。

昔はこの時に自分の分身として爪を入れることがあったそうです。

あなたと一緒に逝きたいけれど、まだこちらに残らねばならないので、代わりに自分の分身として夜に爪を切って入れていたのだそうです。

このことから

夜に爪を切ることは、葬儀を連想させるので不吉である。

爪を切ってしまっていては、入れるものがなくなる。

などの理由で、戒めをもって夜に爪を切ることは止めましょうと考えられるようになったと言う説。

怪我を避けることから来ている

 



昔は今のように電気が無く、手元が暗く良く見えない生活でした。

一般庶民は、爪切りも今のような爪専用のものを持っておらず、小刀などで爪を削っていたようです。

この為に怪我をしやすい状況にあったこと、また削った爪が床に落ちて、それを踏んだ人が痛い思いをしたり、びっくりして事故になったりすることがあったので、戒めの意味でこのように言われたと言う説。

礼儀から外れていると考えられていたことによる

昔の人は、夜の明かりも乏しいため、日の出とともに起きて日が暮れたら早々に寝ることが一般的でした。

このため、髪を切ったり爪を切るなど支度を整えることは、日中に行っていました。それをわざわざ夜に行うようなものは、生活が乱れており堕落していると考えられていました。

従って、このような者は親不孝で、親の最期を看取ることができないと考えられていたので、戒めを込めてこのように言われるようになったと言う説。

爪の燃える匂いが火葬を連想させることによる



夜爪を切ろうとすると明かりが必要になるのですが、当時の明かりと言えば「火」です。

行灯や囲炉裏の脇で爪を切った時に、それが火に入った時の焼ける匂いが火葬を連想させたようです。

また、爪は髪と同じく、生きている間ずっと伸び続けるもともと霊的なもの、神聖なものと考えられていました。

このため、夜に爪を切ることが不吉なことと考えられていました。

まとめ

子供の頃、親から教えられたことには、全て何らかの意味があります。

この「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」もこんなに多くの考え方があったんですね。

ライフスタイルの変化によって考え方も行動も変わってしまいますが、日本人として言い伝えられてきたことの背景、そもそもの意味は覚えておきたいものです。