眼鏡でマスク、曇らない方法は簡単!!

風邪予防、花粉症対策には欠かせないマスクですが、眼鏡を掛けてるとどうしても曇ってしまって視界不良。

困ってしまいますよね。

なんだかマヌケに見えちゃって、格好悪いし・・・

仕方ないから、マスク外そうかな、なんて思ったり。

眼鏡を外してレンズを磨いた経験ありませんか?

そこで、そんなあなたにマスクをしても眼鏡が曇らない方法、教えちゃいます。

方法は3つ。

それぞれ試してみてください。

もしかしたら、私の方法が一番じゃないかもしれません。

あなたに一番適した方法で対策されることをお勧めします。

 

マスクをすると眼鏡が曇るのはなぜ?



先ず、マスクをすると眼鏡が曇る理由を理解しましょう。

どうして曇ってしまうのかが分ると、対策が打ちやすくなります。

また、あなたに適した曇り防止策が選べます。

眼鏡が曇ってしまうのは、単純明快「結露」です。

眼鏡を磨く時に、はぁ~っと息を吹きかけて眼鏡が曇る状態と同じことが、マスクをした時に起きているんです。

マスクをした時に、マスクと頬の隙間(鼻の隙間)から暖かい息が漏れて、それが眼鏡のレンズに当たっているんです。

特に寒い日は、眼鏡が冷えてますから、結露しやすくなります。

息の温度と眼鏡の温度差が大きいほど、結露(曇り)は大きくなります。

そして、いったん結露するとなかなか取れません。

さて、原因が分れば、対策は容易です。

 

眼鏡を温めておく

温度差を少なくしておくことで、結露を最小限に抑えることができます。

但し、屋内の外気の影響を受けない場所であれば有効な方法ですが、屋外では難しいですね。

従って、以下の2つの方法から対策するのが、現実的だと思います。

 

暖かい息が掛からないようにする

息をするのは止められません。

漏れてくる息を最小限に抑えて、結露を防ぐと言う方法です。

最近のマスクは、ほとんどが上部にプラスチックで鼻の形に合わせて曲げられるようになっています。

ですから、漏れてくる息も抑えられていると思いたいのですが、現実はそう上手く行っていません。

だから困っちゃうんだよ~ってことなんだけど。

で、私も一時、ティッシュペーパーをマスクの形に合わせて内側に忍ばせて、対策したことがあります。

マスクだけだと、息でマスクの内側も結露したので、ちょうどいいと思って始めたのですが、どうにも息苦しくなってしまって。 (^^;)

ガーゼを使う方法もあるのですが、私には面倒な方法でした。

そこで、この方法は止めてしまいました。

 

レンズの表面をケミカル加工する

現在実行しているのは、この方法です。

ちょっとだけお金が掛かりますが、今となっては、一番簡単で一番効果的な方法だと思います。

 

Amazon広告リンク




 
そもそも、結露って聞くと温度差ばかりが気になっちゃいますよね?

でも、結露で曇って見えることの理由が分ると納得しちゃいます。

曇って見えるのは、レンズ表面についた小さな水の粒が光を乱反射するからなんです。

私は、毎日眼鏡を水洗いするのですが、その時にレンズ一面に水がついても曇っては見えません。

つまり小さな水の粒じゃなければ、光を乱反射は起こらないのです。

これを応用したのが曇り止めです。

ツルツルのレンズなら、眼鏡のレンズに息が掛かっても水滴にならずに薄く伸びてしまうのです。

従って、曇っているようには見えないのです。

 

まとめ

アナログな原始的な方法から、アンチフォグ・レンズクリーナー、ケミカル用品の利用まで紹介しました。

最近では、液体添付のものから、クロスに含ませてあるレンズクリーナータイプまで色々と製品化されています。

レンズが曇るのはわずかに一時なので、ちゃんと対策をしないでやり過ごしてしまうことが多いと思います。

でも、一度対策してみると、その快適さに嬉しくなると思います。

面倒臭がらず、ぜひ一度チャレンジしてみることをお勧めします。

自分も快適ですが、相手に与える印象も随分と変わりますよ。