老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金の受給年齢について

老齢基礎年金(国民年金)については、生年月日に関係なく65歳から支給です。

老齢厚生年金(正しくは、特別支給の老齢厚生年金)の支給開始年齢は、生年月日で違っていて、それぞれ以下の通りです。

<男性>

  • 昭和28年4月1日以前 ⇒ 60歳
  • 昭和28年4月2日~昭和30年4月1日 ⇒ 61歳
  • 昭和30年4月2日~昭和32年4月1日 ⇒ 62歳
  • 昭和32年4月2日~昭和34年4月1日 ⇒ 63歳
  • 昭和34年4月2日~昭和36年4月1日 ⇒ 64歳
  • 昭和36年4月2日以後 ⇒ 65歳

<女性>

  • 昭和33年4月1日以前 ⇒ 60歳
  • 昭和33年4月2日~昭和35年4月1日 ⇒ 61歳
  • 昭和35年4月2日~昭和37年4月1日 ⇒ 62歳
  • 昭和37年4月2日~昭和39年4月1日 ⇒ 63歳
  • 昭和39年4月2日~昭和41年4月1日 ⇒ 64歳
  • 昭和41年4月2日以後 ⇒ 65歳

参考:http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/generation/50_60.html

私の場合は、62歳からです。

これを表にまとめると以下のようになります。

  62才~ 65才~
基礎年金  ③老歴基礎年金※1
厚生年金 ①特別支給の老齢厚生年金
(国からの支給部分)※2
 ④老齢厚生年金
(国からの支給部分)
②特別支給の老齢厚生年金
(基金代行部分)※2 ※3
⑤老齢厚生年金
(基金代行部分)※3

※1 いわゆる「国民年金」と呼んでいるものと同じですが、正式には「老齢基礎年金」と言います。

受給年齢に関して、繰上げ、繰下げを申し出ることが可能です。

それぞれの場合の増減額は、日本年金機構の説明ページをご覧ください。


繰上げ受給・・・60歳から65歳になるまでの間に受給する

 http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20150313.html

繰下げ受給・・・65歳から70歳になるまでの間に受給する

 http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20140421-06.html

  

※2 62歳から支給される老齢厚生年金に「特別支給の」と但し書きが付いている理由

本来の老齢厚生年金の支給年齢は65歳です。

ところが、法律改正により支給年齢を60歳から65歳に引き上げた時に5年間全く支給されないのでは生活に支障がでるとの理由から、支給年齢を段階的に繰り上げることで不利益を被らないように配慮された年金=特別、だからなのでは・・・ と思います。

また注意点ですが、この「特別支給の老齢基礎年金の繰下げ支給」はできません。

65歳までは再雇用で働いて生活費を確保して、年金を繰り下げて受給時の年金額を増やすことはできないと言うことです。

この点からも「特別支給の」と但し書きが付いている意味がだんだん分かってきます。

http://www.nenkin.go.jp/faq/jukyu/seidokaisei/kurisage/20140421-03.html

ちなみに昨今、年金支給年齢を65歳から70歳に引き上げることが検討されていますが、もしそうなったら、同様の措置が取られるのかどうかウォッチする必要がありますね。

 

※3 老齢厚生年金(基金代行部分)とは、転職をするなどして厚生年金基金を短期間(通常10年未満)で脱退した人(中途脱退者)等に対して「日本年金機構」とは別に「企業年金連合」が管理運営している年金です。

年金基金連合会 https://www.pfa.or.jp/

転職した人は、「日本年金機構」とは別に支払い請求が発生しますので、忘れずに行いましょう。

 

厚生年金は、「特別支給の老齢厚生年金」と「老齢厚生年金」と二つに分かれていますが、支給の請求は、それぞれの誕生日のタイミングで別々に行う必要があります。

自動継続ではありませんので、この点も注意しておきましょう。

http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20140421-26.html