六曜「大安・友引・赤口・仏滅・先勝・先負」の意味・読み方・由来

カレンダーの日付の脇に小さく「大安」とか「仏滅」とか書かれているので、何?って思った方もいると思いますが、これが六曜です。

結婚式は「大安」にとか、お葬式は「仏滅」で「友引」は避けなきゃとか、冠婚葬祭に深く関わっている六曜ですが、これ以外の「先勝・先負・赤口」などは、意味はもちろん、読み方も正確には覚えていないのではないでしょうか?

そもそも六曜って、どんな由来があって、いつごろから始まったものなのでしょうか?

「月・火・水・木・金・土・日」みたいに並びは決まっているのでしょうか?

普段あまり気にしていなかった六曜ですが、先日法事の機会があって日どりを調べていたら、気になってしまいました。

年長者の教養として、ちょっと押さえておきたいなと思って調べてみましたので、ご覧ください。

 

六曜の読み方と意味

  読み方 意味
先勝 せんしょう
せんがち
せんかち
さきがち
さきかち
先んずれば勝つと言う意味で、午前中は「吉」で、午後は「凶」。また、急いで行うこと(積極的に行動すること)が良いとされています。
友引 ともびき
ゆういん
元々は、何をしても勝ち負けが決まらない日と言う意味。この日に葬儀を行うことを避けるようになったのは、陰陽道で災いが友人にも及ぶ方角を「友引方」と言ったことから慎むようになり現在に至っているそうです。朝晩は「吉」で昼は「凶」です。
先負 せんぶ
せんぷ
せんまけ
さきまけ
さきおい
先んずれば負けるの意味で、急用、争いごとを避けて静かに待つのが良いとされています。午前中は「凶」で、午後は「吉」。文字の通りですね。
仏滅 ぶつめつ 六曜の中で赤口に次いで不吉な日。釈迦入滅とは関係ないとされています。物滅が仏滅に変化したと言われています。
大安 たいあん
だいあん
だいやす
おおやす
何を行うにおいても良い吉日。結婚式はもちろん、イベントごとに選ぶことが多いですが、始まりは江戸末期ごろからだそうです。
赤口 しゃっこう
しゃっく
じゃっく
じゃっこう
せきぐち
あかくち
あかぐち
何を行うにおいても悪い凶日で、大凶だそうです。但し、法事と午の刻(午前11時ごろ~午後1時ごろまで)は「吉」です。「赤」が不吉を表していて、怪我や火災を連想させるため六曜で一番良くない日とされています。さらに言えば、仏滅より良くないとのこと。


実に読み方が色々あって、どう読んでも間違いじゃないじゃん!って感じになってきます。(^^;)v

 

六曜の順番

六曜の並びは「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の順になります。

六曜の並びは旧暦(太陰暦)に基づいているのですが、その毎月の1日だけは以下のように固定されていて、そこから順番に「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」で繰り返します。

  • 01月 / 07月・・・先勝
  • 02月 / 08月・・・友引
  • 03月 / 09月・・・先負
  • 04月 / 10月・・・仏滅
  • 05月 / 11月・・・大安
  • 06月 / 12月・・・赤口

「月・火・水・木・金・土・日」のように常に順番に繰り返すのではなくて、月をまたぐときは、突然順番が変わることがあります。

計算でも求められますので、コンピュータでプログラムを作る方などは重宝するすると思いますが、結構説明が面倒で複雑なので、ここでは説明を割愛しますね。

詳しくお知りになりたい方は、wikipedia 等をご参照ください。

 

六曜の伝来とその後の経緯

六曜は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて中国から伝来したそうです。

その後長い時間を経て、名称や解釈・順序も少しずつ変えられて、現在では赤口以外は全て名称が変わっているとのことです。

この辺りまで来ると「う~ん、今日の六曜は実は国産なのね」って感じになってきます。

幕末頃には盛んに活用されていたそうですが、明治時代に入ると迷信であるとして、一度は「政府が発行する官暦となった神宮暦※1 」から掲載が禁止されます。

明治5年(1872年)には、西洋化を推し進める為に、これまでの旧暦(太陰暦)にかわり太陽暦(新暦)が採用されました。政府の政策が強く影響していたのだと考えられます。

ところが、その後、六曜と旧暦を必要とする旨の要望が多くなり、略本暦に附すという形で復活します。

この辺りの経緯は、政府の政策、神社仏閣の扱われ方などを勉強しないと、うかつにはものを言えないのですが、六曜は星占いみたいなものですから、政府発行の刊行物には正式には載せられなかったんでしょうね・・・ってことで納得しています。

最近の人にとっては意識が薄くなった六曜ですが、冠婚葬祭には多大な影響力がありますし、まだまだ日本人の生活においては避けて通れない無言の影響力を持っているのです。

※1 明治以前は、天文・気象に関する詳細な資料や主要な神社の祭日などをまとめて、政府発行の暦としていました。現在も略本歴は本屋さんで入手することができます。

 

 

 

 

六曜と七曜の関係

七曜なんて聞いたことがないと思われる方が多いと思いますが、「月・火・水・木・金・土・日」のことです。

いわゆる太陽暦(新暦、グレゴリオ暦)のことで、前出のように明治5年に正式に採用されました。

古代中国で生まれた「五行思想」と言う自然哲学の思想で「木・火・土・金・水」の5元素に太陽(日)と月(月)を合わせて七曜となったそうです。

暦っていうのは、星の動きから導かれているものですが、とどのつまり昔の人は宇宙をどう捉えていたのかって話になって来て、調べていくと超難しいです。

ご興味のある方は、更に深堀することをお勧めいたします。(^^)v

 

六曜と仏教との誤解

「仏滅」などと言う言葉から仏教との関係に目が行きそうですが、実は仏教との関係は全くありません。

仏教においては、迷信、俗信一般を否定していますし、宇宙の真理を因果説により説いていますので、六曜と仏教が関係することはありません。

ところが、「釈迦の入滅」を「仏滅」と呼ぶことと、六曜の「仏滅」が同じ言葉であることから、六曜は仏教に関係していると想像する人も多いと思います。

日本の文化が大陸から伝来されてきて変容していく段階で、さまざまな思想が入り組んで広まり、特にその意味を深く学習したことのない人々にとっては、なぁ~っんとなく同じ?って感じで誤解されてきたのでしょうね。

せっかくの機会ですので、六曜と仏教の誤解は解いておきましょう。

 

まとめ

六曜の意味と使われ方をサッと調べてみようと思ったのですが、調べれば調べれば奥が深く、ここで説明した内容で伝えきれないこともたくさんあります。

特に明治以降の政府の政策との関係や、七曜との関係、更に昔の人の宇宙観、西洋と東洋の違いなどに興味がそそられます。

機会があったら、深堀してみようと思います。

ぶっちゃけ、六曜なんてたかが迷信なんですが、ここまで常用化されると、もはや社会人の常識なってしまっていて無視してもいられないのです。