春分の日に食べるのは「ぼた餅?おはぎ?」、じゃぁ秋分の日は?

春分の日、秋分の日の行事食「ぼた餅」と「おはぎ」、呼び名が違うだけで同じものなんじゃ?って思っている人

いや、違うでしょ、春分の日に食べるのが「おはぎ」で、秋分の日に食べるのが「ぼた餅」

いやいや、それこそ違うでしょ、逆でしょ・・・

日本の習慣って難しいですね。

ここはチャンとお勉強しておきましょうね。

 

「ぼた餅」「おはぎ」は、同じもの?違うもの?

殆ど同じって言って良いのですが、正確に言うと違うものになります。

何が違うかと言うと「あんこ」が違います。

「ぼた餅」の餡(あん)は、「はんごろし」と言われる、いわゆる「粒あん」が使われています。

これに対して、「おはぎ」は、「ぜんごろし」と言われる、全部裏ごしした滑らかな「あん」が使われています。

 

春分の日に食べるのはどっち? 秋分の日は?

これは、ぼた餅、おはぎをそれぞれ漢字で書いていみると、直ぐにわかると思います。

パソコンの人は、漢字変換をよく見てみましょう。

  • ぼた餅 → 牡丹餅
  • おはぎ → お萩

勘が良い人は、分ったと思います。

  • ぼた餅 → 牡丹餅 → 春
  • おはぎ → お萩  → 秋

と言うことは、正しくは

  • 春分の日に食べるのは「ぼた餅」で
  • 秋分の日に食べるのは「おはぎ」です。


 


 

餡(あん)が違っている訳

 

おはぎ

秋は小豆の収穫の時期です。
旬のものは、本来持っている香り・食感を楽しみたいものですよね。
そこで、秋には取れたての小豆のぷつぷつとした食感を味わうために、「はんごろしの餡(あん)」を使っているのだそうです。秋と言えば新米の季節ですし、米粒が残る程度に砕いて丸めたおもちに餡(あん)をまぶして食べるのが、楽しみだったのではないでしょうか?
ちなみに、私も、この「はんごろし」の「おはぎ」が好きです。

ぼた餅

こちらは、春まで貯蔵していた小豆を使います。
時間が経っている小豆を美味しく食べるための知恵として、「ぜんごろしの餡(あん)」を使って、滑らかに仕上げています。地方によっては、もち米を使って、更に滑らかな食感を楽しんでいるところもあるようです。

 

まとめ

作り方の違いだったり、食べる季節の違いだったりで、「ぼた餅」と「おはぎ」が分けて考えられていたようですが、近年はその違いも少しづつ薄れているようですね。

自分の手で作物を作って、自ら味わう習慣が無くなっていることが一因のように思います。

最近じゃ、定年退職後には農業をやってみたいという方も増えているようです。

日本人の習慣が、食べ物と結びついて大切にされていた気持ちをもう一度呼び起こしてみたいと思う歳になりました。