カーナビにスマホ画面をそのまま映して地図更新費用を節約する

カーナビを買い替えずに、現在使っているカーナビにスマホの画面をそのまま出力する方法がありました。

トップの接続図を参考にご覧ください。

iPhone を例に説明しますが、iPhone の画面をHDML で出力してカーナビのDVD などの映像入力に接続します。

①Apple Lightning Digital AVアダプタを使って、iPhone の映像・音声をHDMI  経由で取り出します。

②HDMIコンバーターで、カーナビで再生できるAV 信号に変えます。

③ビデオハーネス経由で映像・音声をカーナビに取り込みます。

 

iPhone は電池の消耗が大きいですので、シガーソケットに接続して、電源供給しておくのが良いです。

 

接続に必要な機材は以下の通りです。

安ければ、6,000円くらいで、できてしまいます。

  • HDMIコンバーター(1,500円~3,000円くらい)
  • Apple Lightning Digital AVアダプタ(2,500円~6,000円くらい)
  • HDMIケーブル(500円~1,000円くらい)
  • USBシガーソケット(1,000円くらい)

以下にAmazon のリンクを張っておきますので、ご覧ください。

 

 

既存カーナビを使ってスマホ画面をそのまま映すメリット

機材購入費用が6,000円くらいですから、地図更新サービスに比べたらめちゃくちゃ安いです。

Android カーナビの購入費用と比べても半分以下です。

将来iPhone の機種変更をしてもそのまま使えます。

それに今いまのカーナビはそのまま使えますから、サービスマンモードの表示やテレビ、Blutooth 経由の音楽再生、電話などは、もちろんそのままです。

 

イマイチなところ

問題は、配線でしょうね。

ケーブルの引き回しが多いので、ダッシュボード周りをきれいに仕上げるのには苦労すると思われます。

隠そうにも機材とケーブルが多いので、かなりゴチャゴチャすると思います。

 

結論・・・出ず (^^;)v

Android カーナビに入れるか、カーナビにスマホ画面をそのまま映すか・・・

まぁ、作業ができるようになる春までに決めておこうかと考えています。

今のところでは、Android カーナビの方が良いかな。

やっぱり室内は美しく・・・そんな感じです。