シニア的節税:2018年には「103万円の壁」が「150万円の壁」に変わります。

年末調整の真っ最中ですね?

2017年の年末調整で、奥さんのパート収入が103万円を超えていないかヒヤヒヤしている方も多いと思います。

シニア世代・年金の受給している配偶者をお持ちの方は、特に注意が必要です。

→ 年金は雑収入として年末調整が必要です。

 

103万円を超えてしまうと一体何がまずいのでしょうか?

どういうことが起きるのでしょうか?

「103万円の壁」の意味を分かりやすくまとめておきましたので、ご覧ください。

 

ところで、2018年からは「103万円の壁」が「150万円の壁」に変わります。

すると、更にどういうことが起きるのでしょうか?

来年の年末調整で慌てないように今から準備をしておきましょう。

 

2017年の年末調整で奥さんのパート収入が103万円を超えると何がまずいのか?

以下のように給与所得者の税金が増えます。

  • 奥さん(配偶者)の収入に所得税が、掛かります。
  • あなた自身(夫)の所得税が、高くなります。
  • あなた自身(夫)の収入に住民税が、高くなります。
  • 奥さん(配偶者)の住民税が、高くなります。

※この記事では、所得税について解説します。

 

給与にかかる所得税の計算の仕方

所得税額は、以下のようにして求められます。

本人の収入 – a.給与所得控除 – b.各種控除課税所得金額
課税所得金額 × 税率 – 課税控除額 = 所得税額

 

「給与所得控除と各種控除」は以下のように定められていますので、奥さんの所得が103万円以下であれば所得税は掛かりません。


 

各種控除には基礎控除以外にも、以下のような控除があります。

①社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料)

配偶者控除

配偶者特別控除

④扶養控除

⑤保険料控除(生命保険・損害保険等)


仮に奥さんの収入が103万円を超えると②③の控除額が減り、結果的にあなた自身(夫)の所得税計算に不利にはたらくため、今より多くの税金を納めることになります。

つまり、奥さんの給与所得が103万円を超えると税金が増えることから「103万円の壁」と呼んでいます。

 

103万円を超えると所得税が増える → 141万円の壁

冒頭で書いたように、奥さん(配偶者)のパート収入が103万円を超えると所得税が掛かります。

あなた自身(夫)は、配偶者特別控除が適用されて段階的に控除額が減額されるので、結果的に所得税が増えます。

そして、奥さんの収入が141万円(給与所得控除+基礎控除+配偶者特別控除の上限:38万円)になると、控除はなくなります。

このことを「141万円の壁」と言います。

 

配偶者特別控除は以下の通り

※表は、国税庁のホームページから抜粋 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm


 

所得税の計算テーブルは以下の通り

※表は、国税庁のホームページから抜粋 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm 

 


2018年からは150万円の壁に

2017年で103万円だった所得税の壁は、2018年からは150万円の壁に変わります。(但し給与所得が900万円以下の方)

今後は、あなた(夫)の所得に応じて控除額が変わり課税も変わりますので、更に注意が必要です。

所得税の計算テーブルは、以下の通りです。

赤枠部分をご覧ください。

※表は、国税庁のホームページから抜粋 https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/pdf/02.pdf


 

2018年は、150万円の壁の前に注意すべきことが!

 

社会保険料の壁

配偶者控除・配偶者特別控除の枠は広がりましたが、社会保険料にかかる「106万円の壁」、「130万円」の壁は存在したままです。

つまり、頑張って収入を増やそうとすると、すぐそこに社会保険料の壁が切り立っているのです。

多くのパートの奥さんが苦慮するのは、「所得税にかかる130万円の壁」よりも「106万円の壁」ではないでしょうか?

130万円(所得税の壁とは別の社会保険の壁)までは大丈夫ですよと言っておきながら、多くのパートの奥さんたちは実質106万円までしか働けない人が多いという現実です。

106万円を超えてしまうと奥さん自身に社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料)が発生しますので、手取り収入としてはマイナスになってしまうのです。

※このことについても長くなるので、別記事でまとめます。

 

年金所得の壁

先の記事でも話しましたが、年金は雑収入として扱われます。

年金シニア世代では、奥さんの年金収入額も入れて2018年は配偶者控除枠の106万円を意識して働かなくてはなりません。

但し、年金未受給のシニア世代であれば、健康保険の加入にかかる奥さんの年収の上限は180万円ですから検討が必要になります。

※更にあなたの年収の2分の1未満と言う条件が付きます。

再雇用/再就職・年金未受給のシニア世代(男性)の場合は、こちらの条件の方をよく考えて生活設計する必要があるように思います。

再雇用/再就職時の年収から逆引きして、一家の給与所得のボーダーラインを決めておくことが大切ですね。