Office 365 Solo でパソコンデータをバックアップする

皆さん、パソコンのデータのバックアップはどうしてますか?

60up は、Microsoft のOffice 365 Solo を使っています。

って言うのは正確じゃなくて、Microsoft のOffice 365 Solo におまけでついてくるOneDrive 1TB を使っています。

以下に代表的なオンラインストレージ(=クラウドドライブ)のサービスと費用をまとめてみましたのでご覧ください。

 

 

現在のオンラインストレージサービスは、Office ソフトとセットで提供されるのが普通になっています。

スマホ、タブレットだけを利用する人は、写真やビデオ、音楽の保存が主目的だと思いますが、パソコンも併用している人は、ワープロや表計算のソフトの利用もしたいことから、Microsoft、Google、Apple から選ぶことになります。

こうやって比べてみると、実はMicrosoft が一番安いんです。

しかも、会社で使っているOffice アプリが使えます。

 

iPhone ユーザの方からは、Microsoft 製品っていうと互換性が無くて融通が利かないと思われそうですが、かく言う私もiPhone ユーザです。

iCloud for Windows をインストールすることで、iPhone に登録された写真やビデオ、カレンダー、タスクなどのデータは、OneDrive 1TBの中にバックアップすることができます。

っていうか、iPhone で写真を撮ると即座にWindws パソコンで確認ができます。

カレンダー、タスクなどもすぐに同期されます。

とっても便利です。

 

Apple iPhone、Google Android、Microsoft PC のアプリやスマホなどは、相互に乗り入れているので、まだまだ自分で一番使いやすい環境を安価で作ることができます。

Google が無料で提供しているスマホアプリでGoogle Keep はお気に入りアプリの一つです。

移動先での思いつきなどは、いつもここに書いています。

書いた内容はすぐに同期されるので、パソコンに導入したGoogle Chrome で確認することができますし、スマホ・PC の相互で編集できます。

ブラウザにGoogle Chrome を利用することで、ブックマークや閲覧履歴の共有の他、音楽再生のイコライザーとか音声入力、読み上げソフトなども使えます。

スマホ普及のお陰で無料のサービスがどんどん増えていますよね。

いろいろ組み合わせを工夫することで毎月の費用を抑えることもできますし、まー、ホントに便利になったもんです。

一度では書き切れない内容なので、いずれ細切れに紹介しますね。