シニア的健康法:爪が割れやすいのは亜鉛不足かもしれません

半年前ぐらいから困っていたのですが、爪が割れやすくなってしまいました。

割れた時は、アロンアルファで補修したり短く切り込んだりしていたのですが、そこからさらに割れてしまうのです。

すなわち、一向に良くならないのです。

おかしな話ですが、対策としては爪を伸ばすと言うことをしていました。

更に、爪が割れるのはカルシウムが足りないのだろうと、努めて小魚や食べたり牛乳を飲んでいたのですが・・・

最近知りました。

 

爪は、タンパク質でできている。

爪の主成分はタンパク質で、カルシウムじゃないそうです。

ビタミン、ミネラルも必要なのですが、更に大切なのが亜鉛、鉄分なのだそうです。

特に亜鉛が不足していると爪がもろくなり白い斑点ができるとか・・・

僕の場合白い斑点は見られませんが、とにかく爪が割れやすいです。

ビタミンBやカルシウムも丈夫な爪のためには必要なのですが、亜鉛かぁ~、気づきませんでした。

亜鉛は、カキやホタテなどに多く含まれていますが、貝類はコレステロールを上げるんじゃないか?っていう間違った認識も手伝って、ほとんど食べていませんでした。

そんなこんなの間違った知識で、僕の爪は弱くなってしまったのかもしれないと思い、ここは手っ取り早くサプリメントのお世話になることにしました。

ネットで色々調べてみると私の年代(50歳~70歳)での亜鉛の推奨摂取量は、10mg/日でした。

 

厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要 より抜粋

 

毎日お酒を飲むような人は、アルコールの分解にも亜鉛が使われるので、もう少し多めに取った方が良いようです。

そう言えば最近晩酌が多くなっていたなぁ~と反省しきりです。

とにかく、男性の滋養強壮には亜鉛とも言われていますので、ここは一挙両得を目論見、Amazonでさっそく注文しました。

しばらく飲んでみての感想は、また書きますね。