村田諒太選手とダンベルカールしてたらチャンピオンになってた

いやぁ~、久々に感動しました!

先ずは村田諒太選手、WBA世界ミドル級新チャンピオンおめでとうございます!!

昨日は選挙報道など後回しで、あなたの試合に見入っていました。

格闘技の試合が始まるとなぜか落ち着かなくなってきて、自分も何かしなきゃって気持ちになってなるんですが、昨日は特別でした。

1分間のインターバルの間は、ダンベルカールであなたを応援していました。

あなたの気持ちとシンクロさせながら、今回はスロトレなんかじゃなくてシガシ絶対に12ラウンドやり続けるつもりでしたが、7ラウンドで終わって良かったです。

上腕二頭筋、パンパンでした。(汗;)

ありがとうございました!!

加齢のせいか、珍しく風邪をひいてしまい体調不良でしたが、気合でやりました。

いやいや、そもそも加齢なんて言ってることが甘いな!

周りの環境の変化によるアイデンティティの喪失、肉体の老化、感情の老化、そんなものを吹っ飛ばしてくれる勇気をもらいました。

 


勝負の世界では初戦の結果がその後の競技人生を左右すると言われますが、村田選手は「負け」から這い上がって来て今輝いていることがすごいですね。

 

以下は村田選手のインタビューより抜粋

「一歩踏み出す勇気ってのが重要だと思っていたので、それをずっと胸に秘めてました」

「デビューした年の12月、両国で試合させてもらった時に全然良くない試合で・・こんなやつチャンピオンになれないって、見捨てるって思ってたら、こうやってみんながまた来てくれたことに感謝しています。ありがとうございます」

「今は4団体ありますし・・・僕より強いミドル級のチャンピオンがいることも知ってます・・そこを目指して頑張りたいと思います」

 

村田諒太選手が語っている通り、一人じゃできないこただし、多くの人のサポートがあってのことだと思うし、そんなことを改めて感じてしまいました。

村田諒太選手、さらにチャレンジしてください。

スタッフの皆さんお疲れさまでした。

ホント、感動しました。

ありがとうございました。

目指すものは違いますが、僕もチャレンジし続けます!