空間エネルギー変換装置(オカルトチューニング)強化編

信じるとか、信じないとか言ってる場合じゃないです。

確実にパワーアップしますからやってみてください。

空間エネルギー変換装置を更に2個増やして、倍の4個にしてみました。

もう、完全に走りが違います。

これまでは60km 付近でのアクセルワークが、どーのこーの言ってましたが

4個になったら、いきなりスタートから違います。

アクセルを踏んだ瞬間、きわめてスムーズに一気に加速します。

この体験をしたら、もう元には戻れません。

 

見よう見まねで作った空間エネルギー変換装置(タッピングビス・マグネットタイプ)ですが、間違いなく効果絶大です。

 

と言っても、空間エネルギーって何なの?って感じもあるし

私自身、今までの施工(アルミテープ、マグネット・タッピングビス)が、どういう理由で、どう効いているのかよく分からないし

プラシボだよなぁ~って思ったこともありました。

 

でも、やっぱり、何らかのカが働いでいるんでしょうね。

トヨタさんの記事もそういってる訳だし・・・

参照 : ITmedia ビジネスオンラインの トヨタの“オカルト”チューニング の記事

 

ただ、私の意見を言わせてもらえれば、

「パワーアップしている、力が働いている」って言い方は、ちょっと違うな、と思っています。

パワーアップって言うよりは、運動する方向に対する抵抗が減って、

装置本来が持っている能力が引き出されて、極めてスムーズに動いているって感じです。

なんか、装置が効率よく働いているっていう感じなんです。

 

しかし、写真で見ると

タッピングビスが4本も突き出ていて、何ごと?

知らない人から見たら、完全に、こりゃオカルトって感じですね。

 

でも、ハッチバックドア閉めたら、殆ど見えないし

まぁ、殆ど一人乗車の車なんで。

 

私たちって、科学で証明できることだけが正しいことって思っているし

 

心が、どーの

気持ちが、どーの

簡単、あっという間なんてウソウソ

信じちゃいけないって教わっているし・・・

 

まぁ、良いんですけど

 

心地良いなら、それで良しです。

 

我が愛車、中古で買った時から比べたら、見違えるようにメッチャクチャ快適になりました。