空間エネルギー変換装置(オカルトチューニング)工作編

YouTube で話題のオカルトチューニング。

岩崎先生の動画を見ながらアルミシールでは既に実践済みですが

morichannel 大森さんの動画を見て、空間エネルギー立体バージョンがあるのを知りました。

 

岩崎先生の動画も検索してみると

やはり、ありました。

 

アルミシールよりは値が張りますが (汗;)

それでもわずか数百円。

 

こりゃ、やるっきゃない!

ってことで、早速実験してみました。


 

まずは、工作に使う材料の調達。

買ってきたのはこれ!

20161005%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b002

マグネット(ネオジム磁石)は、大創で108円(消費税込み)。

とんがったものとして、タッピングビスをホームセンターで158円(消費税込み)で購入しました。

morichannel の説明では、非磁性体の真鍮が良いとのことでしたが、あいにく売っておらず。

とにかく早く効果を確かめたかったので、妥協して、ちょっと見栄えの良いステンレス製にしました。

 

 

早速、家で工作。

で、作り始めて分かったのですが、ステンレス、磁石にくっつきません!

えっ?!

何これ??って調べると、磁石につかないステンレスもあるんですね。

  • 磁石に吸着しないステンレス(ニッケルが4%以上のもの)
  • 磁石に吸着するステンレス(ニッケルが3%以下のもの)

知らなかったぁ~、でも好都合。

タッピングビスをアロンアルファで磁石に接着し、用心の為にアルミシールで固定しました。

出来上がりは以下のとおり。

20161005%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b004

 

さて、この空間エネルギー変換装置を車に取り付けるのですが・・・

ボンネットを開けて思案するも、なかなか良い設置場所が見つかりません。

 

走行中に取れたなんて言ったら、それこそ事故にもなりかねませんし。

 

そこでエンジンルームが無理ならと、トランク、バックドアを見渡したところ

まぁ、ここなら、っていう場所が見つかりました。

後部ハッチバックのガラス内側、上方。

20161005%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b005

ここなら落ちても事故の心配は要りません。

ってことで、欲張って、二個付けました。

20161005%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b006

内側から見るとこんな感じです。

20161005%ef%bc%bf%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b007

ハッチバックドアを閉めると「空間エネルギー変換装置」に後ろ頭を突き刺されそうな「気」を感じます。

なぁ~んてね(笑い)。

 

「我ながらカッコ良くできたもんだわい」と自己満足ですが、

取り付け位置で効果の度合いが変化するのが、空間エネルギー。

 

エンジンルームとバックドアじゃ、どうなんだろ~??

 

ってことで、試乗編に続く